ネム取引所まとめ|今後の将来性を最新情報から考察

連日、メディアで仮想通貨の話題が取り上げられている今、ネム(NEM/XEM)に熱視線を送っている人も多いのではないでしょうか。

仮想通貨ネムの今後や将来性について分かりやすく紹介します。

仮想通貨ネムの特徴は?

ネム(NEM)とは、「New Economy Movement」の略称で、従来の経済に縛られずに新しい経済圏を創り出すというプロジェクトから生まれた仮想通貨のことです。

なお、取引するときの通貨単位は「XEM(ゼム)」であるため、ネム(NEM/XEM)と表記されています。

ネムは時価総額トップ10に入るほど世界的に人気が高く、国内での取引量も非常に多いアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)になります。

2017年末から2018年の年明けにかけて価格が高騰したネムですが、まだそれほど値段が高くないこともあり、投資未経験者が初めて購入するコインとしても適しています。

ネムの取引所は?国内・海外のおすすめ仮想通貨取引所

ネムを購入できる国内の取引所はザイフとコインチェックの2ヶ所で、ポロニエックスやヒットBTCなど海外の取引所で購入することも可能です。

  • ザイフ(国内)
  • コインチェック(国内)
  • ポロニエックス(海外)
  • ヒットBTC(海外)

なお、海外取引所は日本円に対応しておらず、トラブル発生時には英語で対応しなければならないため、仮想通貨取引に不慣れな人は国内取引所での購入を検討されてはいかがでしょうか。

国内取引所でおすすめは?トレードスタイルで使い分けよう

国内取引所でネムを購入するときはザイフとコインチェックの2択ですが、さらに安く購入したい人や短期間に何度も売買する人であれば、取引手数料が0.1%と格安のザイフがおすすめです。

一方のコインチェックはサイトの使いやすさや便利なアプリ、セキュリティー面で定評があります。

仮想通貨についてよく知らない初心者は、信頼性の高いコインチェックで始めてみてはどうでしょうか。

ネムを購入するときは、自分のトレードスタイルに合った取引所を選ぶことが大切です。

ネムの今後は?最新情報から将来性を考察

ネムの価格は2017年12月前半は20円台でしたが、1ヶ月で200円台に跳ね上がり、ネムの知名度は一気に上がりました。

今後、ネムが将来的にどのような変化を見せるのか気になるところですよね。

仮想通貨にまつわるニュースやネムユーザーの最新情報から、ネムの今後を考察してみます。

今後のネムの価格推移を年間チャートから予想

ネムの2017年1月からの年間チャートを振り返ると、1月は0.4円ほどだったにも関わらず、5月初め頃から徐々に上がり始め、12月に一気に100円台を突破して最高130円台まで跳ね上がりました。

その後2017年12月中旬から2018年1月4日にかけても上昇を続け、一時200円台まで底上げしています。

ネムの価格高騰はニュースでも大きく取り上げられ、将来性を見込んで購入する人が増えることが予想されますので、1XEMが1,000円を超える日もそう遠くないのではないでしょうか。

価格高騰の可能性あり?大型アップデートに期待

ネムは現在、カタパルトと呼ばれる大型アップデートの実装準備中であることを発表しています。

ネムユーザーの間では、実装のタイミングで価格が高騰するのではないかと期待が高まっているの現状です。

カタパルトが実装されることで、さらに取引の処理スピードが格段に向上します。

現在、取引の処理スピードが一番早い仮想通貨はリップルで1,500件/秒ですが、カタパルト実装後のネムは4,000件/秒と圧倒的な早さになります。

仮想通貨の代表格であるビットコインの処理スピードは14件/秒ですので、将来ビットコインよりもネムの価値が上がる日も近いかもしれません。

ネムの人気が高いのはなぜ?

ネムの注目度がこれほどまで上がったのには下記の理由が挙げられます。

  • 価値が保たれている
  • 送金スピードが早い
  • セキュリティが高い

今後ネムは通貨供給量が増えることはなく、通貨供給量によって価値が下がることはありません。

市場に出回っている多くの仮想通貨は通貨供給量を日々増やしているため、供給量が増えすぎると価値が下がる可能性がありますが、その点ネムは心配無用です。

送金スピードの早さも、ネムが評価される要素の一つです。仮想通貨取引が世界中で盛んになった結果、取引の処理が追いつかず送金詰まりのトラブルが多発していますが、ネムはスムーズな取引ができると定評があります。

ネムのセキュリティ面に関しては、ユーザーを一定基準で評価して問題があると取引をさせないシステムを導入しているので、初心者でも安心して取引をおこなえます。

SNSでもご購読できます。